鍼灸でうつは治るの?治療効果やうつ予防との関連性を解説

皆さんは、うつ病に悩んだ経験はありますか?ご自身ではなく、身近な人がうつになってしまったことがあるかもしれません。

うつ病は、気分が落ち込む・やる気が出ないといった精神的な症状と、不眠・疲れやすい・だるいなどの身体的な症状が表れる心の病です。

きっと「どうやって治せばいいのだろう?」とお悩みの方は少なくないと思います。

そこで検討していただきたいのが、からだの不調を緩和させ気のめぐりをよくすることで心の症状も同時に治療する「鍼灸治療」です。

本記事では、うつ病に対する鍼灸治療の効果や予防、投薬治療との違いについて詳しく解説します。

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術内容を厳選して紹介しています。

セルフケアでは物足りない
病院に行くほどでもないけど、マッサージでは改善しない
根本から不調を改善したい

など鍼灸治療に少しでも興味ある方は、ぜひご予約ください。

うつ病とは?

うつ病とは、厚生労働省によると、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、さまざまな理由から脳の機能障害が起きている状態のことと定義されています。

主なうつ病の症状は、「精神症状」と「身体症状」大きく分けることができます。

精神症状 気分が落ち込み、だるさや集中力の低下
見た目に気を使わない、常に焦りや不安を感じる
身体症状 頭痛や動悸、めまいや睡眠障害(早朝に目覚める、なかなか寝られない)
肩こり・背中の痛み、口の渇き、月経異常、体重減少、便秘・下痢、 疲労・倦怠感、からだの痛みやしびれ

参照:地域精神保健福祉機構|うつ病 こころとからだ

どちらも自己判断しづらく、症状の程度も人それぞれ異なるのが特徴です。

「心の病」と言われるため気分の落ち込みだけだと思われがちですが、上記のように“からだの不調”もうつ病の症状の一つである可能性があることを理解しておきましょう。

うつ病の原因

発症の原因は正確にはわかっていませんが、意欲や感情を司る脳の働きに何らかの不調が生じていると考えられています。そのきっかけには、過度なストレスによる「環境要因」と「身体的要因」が挙げられます。

環境要因 人間関係のトラブル、幼少期のトラウマ、離職や離婚などの急激な環境の変化、自身の環境に関連するストレスなど
身体的要因 慢性的な疲労、更年期障害、脳血管障害など

参照:すまいるナビゲーター|うつ病 

うつ病は、「環境要因」と「身体的要因」がそれぞれ複雑に絡み合って引き起こされているために、治癒するのは簡単ではありません。従来は、精神科医や心療内科に通い服薬を中心とする治療が一般的でしたが、最近では鍼灸治療も有効とされてきました。

参照:みんなのメンタルヘルス|厚生労働省

鍼灸治療はうつ病に効くの?

「うつ病に鍼灸治療が効くのか?」とは、この記事をご覧の方が一番知りたいことなのではないでしょうか?

鍼灸治療は、からだ全体のバランスを整える東洋医学の一分野であり、からだと同時に心をケアする効果が見込まれます。こうした背景から、うつ病の解消にも繋がると考えられています。

39_sinkyu_1

東洋医学の観点では、私たちのからだには「気」のエネルギーが流れており、心とからだのバランスを保っていると言われていますが、そのバランスが崩れると心やからだの不調としてさまざまな症状が表れます。

鍼灸では、うつ病もその症状の一つと考え、「気」のエネルギーの偏りを見つけ治療します。的確なツボに鍼やお灸で刺激を与えることで、気のめぐりを改善し心とからだのバランスを整え、うつ病の治癒に繋げるといった仕組みです。

また、鍼灸治療による血流の促進作用を利用し、脳の血流を改善させることでうつ症状の緩和も目指します。

鍼灸治療のメカニズムについて詳しく知りたい方は、別記事「【徹底解説】鍼灸が効く仕組みとは?治療方法や注目の効果について紹介」をご覧ください。

科学的根拠はあるの?

NIH(米国国立衛生研究所)は、うつ病の症状でもある食欲不振や睡眠障害、頭痛、肩こりなど心やからだの症状について、科学的根拠に基づいた効果検証を進めています。

最近は、薬で対応できない症状への代替治療としても選ばれています。

39_sinkyu_2

参考:公益社団法人 日本鍼灸師会

からだの不調は心の不調にも繋がり、それが悪循環となって、うつを引き起こしてしまう原因になります。鍼灸治療はその悪循環をくい止め、良い方に向かうサポートが出来るのです。次の章では、実際に鍼灸院で行う治療法をご紹介します。

鍼灸院はうつ病に対してどんな治療をするの?

39_sinkyu_3

「鍼灸院ではどんなことをやっているのかわからないから、行く勇気が出ない」という方もいるでしょう。この章では、鍼灸院で行われているうつ病の治療についてご説明します。

問診(カウンセリング)

うつ病の症状に対して一人ひとりに合った治療方針を立てるため、まずは普段の生活環境、体質、気になる症状など、じっくりとお話を伺います。

話せる範囲で構いませんので、一緒にベストな治療を考えるために、気になることがあれば気軽に担当の鍼灸師にお話しください。

鍼灸治療

うつ病の鍼灸治療は、鍼やお灸を使い、からだが緊張している部位や心に効くツボに刺激を与え、心とからだのバランスを整えていきます。

使われる毫鍼(ごうしん)は髪の毛くらい細いため、刺激はさほどありません。

39_sinkyu_4

治療中はからだ中の血行が促進され、リラックス効果につながるため、心やからだの緊張がほぐれて寝てしまう方もいるほど心地良いですよ。

一般的に鍼灸治療に使用される毫鍼(ごうしん)については、別記事「毫鍼(ごうしん)とは?鍼の種類や特徴をわかりやすく解説」をご覧ください。

鍼通電法(パルス療法)

鍼通電法とは、鍼から電気を通すことで、血行促進や筋肉のコリを緩和する効果を持つ電気治療です。

39_sinkyu_5

この治療は、自律神経の調整に効果があり、精神医療でもうつ病の治療として選択されています。

セルフケアでも使える「心に効くツボ」

鍼灸院に通う気持ちになれない場合は、うつ病に対する鍼灸治療でも使われている「心に効くツボ」を押してみましょう。

「気分がなんとなく落ち込んでいる」「イライラする」「外出が難しいけど、自分でできることはないかな」という方は気軽に試してみてください。

合谷(ごうこく)

39_sinkyu_6

【探し方】人差し指と親指の骨が交差する場所から、やや人差し指よりにあるくぼみ

百会(ひゃくえ)

39_sinkyu_7

【探し方】頭のてっぺんにある少し凹んでいるところ

神門(しんもん)

39_sinkyu_8

【探し方】手首のしわ上、一番小指側にある腱の親指側の縁のところ

これらのツボは、ご自分で押すことができますので、ストレスなどを感じたときに、「イタ気持ち良い」強さで押してみましょう。もやもやしていた頭がすっきりしますよ。

鍼灸治療の頻度について

うつ病の治療で鍼灸院に通う頻度は人それぞれです。目安として、週に1〜2回を約3ヶ月ほどから始めてみましょう。

39_sinkyu_9

治療の頻度は症状の状態によって異なりますので、担当の鍼灸師と一緒に、自分に合った頻度を決めましょう。

うつ病の治療は、からだが良くなったと感じたときから少し継続するのがコツです。からだの不調が改善されてきたら、心は少しタイミングが遅れて回復していく傾向にあります。心が回復するまで通院してみるのも良いでしょう。

Q:通いたいので予約したいのですが、気分によって行けなくなりそうで予約できません。対処法やおすすめの時間帯はありますか?

A:午後の15~17時くらいに予約をするのがおすすめです。気分症状には日内変動があり、夕方くらいの時間帯は少し気分が楽になる傾向があるからです。無理にならないご自分のタイミングで予約してくださいね。

投薬治療と鍼灸治療の違い

すでにうつ病で治療を受けている方や、うつ病の投薬治療をされている方は、鍼灸の副作用が気になるのではないでしょうか。

投薬治療と鍼灸治療の違いを簡単に比較すると、次のようになります。

効果 副作用 離脱作用
投薬治療 不明 あり あり
鍼灸治療 ゆっくり 少ない なし

うつ病の治療薬は、個人差があり不明で、副作用も出やすい傾向にあります。一方、鍼灸はその人が元々持っている自己治癒力を高め、改善を促す治療なので副作用が少ないと考えられます。

〈鍼灸治療はうつ病にどう作用するの?〉

鍼灸治療で、うつ病で弱ってしまったからだの土台(ベース)を底上げすることで、結果的に薬の量を徐々に減らすことに繋がります。

その上、薬の離脱作用のリスクも減り、症状が落ちついた後も心身のメンテナンスとして通うことで再発防止にもなります。

ただし、あくまでも薬の量は医師の指示に従ってください。もし鍼灸治療に興味があればまずは担当の医師に相談してみましょう。

鍼灸院で行う鍼灸治療とはどういうものか詳しく知りたい方は、別記事「【必読】5分でわかる『鍼灸』とは?効果やメカニズムを徹底解説」をご覧ください。

鍼灸治療でうつの予防はできる?

39_sinkyu_10

鍼灸は、うつ病の治療だけでなく予防の治療としても選択できます。

主な理由は以下の通りです。

  • 心とからだの不調を同時にケアできる
  • 良質な睡眠のためにも鍼灸治療は適している
  • 鍼灸師にアドバイスをもらい生活習慣を見直すことで予防になる
  • 定期的なリラックスとして鍼灸を選択し、ストレスから遠ざかることで予防になる

「うつ病になりそう」「鬱々する日が多いな」と感じたり、大きなストレスで体調を崩しそうなときには、予防策として鍼灸治療を受け、気分をすっきりさせることで予防に繋がります。

特に東洋医学は「気のせいだ」と普段見過ごしてしまいそうな症状の改善を得意としています。「ちょっと調子が悪いかも」という方も、気軽に鍼灸院へ行ってみましょう。

どんな鍼灸院を選べばいいかわからない方は、別記事「初めての鍼灸院の選び方!失敗しない見極めポイント7つを徹底解説」を参考にしてください。

鍼灸に関するよくあるQ&A

最後に、鍼灸に関してよくある質問についてお答えします。

Q:鍼灸治療は健康保険で受けられますか?

鍼灸は、自己負担になる場合がほとんどですが、次の病気については、健康保険で受けられる場合があります。

  1. 神経痛…例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ…慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症 …慢性の腰痛。
  4. 五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
  5. 頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頚椎捻挫後遺症…むち打ち症などの後遺症。

参考:公益社団法人 日本鍼灸師会

 ただし、鍼灸を健康保険で受診するには、医師の同意(医師の同意書)が必要のため注意しましょう。詳細や最新情報は、必ず各医療機関に直接ご確認ください。 

鍼灸院で保険適用は可能?手順や条件、負担額について

Q:鍼による痛み・腫れなどの副作用はありますか?

鍼灸院で使われる鍼の太さは、髪の毛と同じ程度のため、基本的に痛みはさほどありません。

安心して受けられるように鍼灸師がしっかりフォローしますので、鍼灸治療に関して不安なこと・不快なことがあれば遠慮なくお伝えください。

5分でわかる鍼灸の副作用!対処法やメカニズムについても解説

Q:鍼灸治療に興味はありますが、外出する気分になれません。他に方法はありますか?

自宅でできる円皮鍼を使ったセルフケアがおすすめです。

円皮鍼は、シールに鍼がついたもので、治療でも使う場合があります。貼るだけで筋肉の緊張やツボを刺激できるので、いつでもどこでも場所を選ばず治療ができます。

39_sinkyu_11

円皮鍼(えんぴしん)とは?効果的な使い方や注意点をまとめて紹介

Q:鍼灸に興味はあるのですが、コロナが心配で外出したくありません。解決法はありますか?

外出が難しいのであれば、鍼灸師が直接自宅を訪問し治療を行う、往診がおすすめです。

往診が可能な鍼灸院は、サイト内の「鍼灸院検索ページ」から検索できます。お近くの鍼灸院を探してみてくださいね。

まとめ|うつ病かも?と思ったら鍼灸治療も検討しよう

本記事では、うつ病に対する鍼灸の治療効果や内容、頻度、うつ病に関する鍼灸治療などについて説明しました。

鍼灸治療は、うつ病に関係するさまざまな不調の治療から予防まで、幅広いサポートをすることができます。

「今、うつ病の治療をしている」「うつ病の検査をするかも」と、うつ病にお悩みの方は、ぜひ鍼灸という選択肢もご検討ください。

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術プランを厳選して紹介しています。

鍼灸治療に少しでも興味ある方はまず、ご希望の条件で鍼灸院を探してみましょう。

このコラムの監修者

高橋徳

統合医療 クリニック徳:院長

医師

【履歴】
1977年 神戸大学医学部卒業
1977年 - 1988年 兵庫医大第二外
1988年 - 2000年 ミシガン大学 ポスドク・助手
2000年 - 2007年 デユーク大学 准教授・教授
2008年 - 2018年 ウイスコンシン医科大学 教授
2016年 - 統合医療 クリニック徳 (名古屋市)
2018年 - ウイスコンシン医科大学 名誉教授
【プロフィール】
ウイスコンシン医科大学 名誉教授。統合医療クリニック徳 院長。
関西の病院で消化器外科を専攻した後、渡米。
ミシガン大学助手、デユーク大学教授、ウイスコンシン医科大学教授を経て、現在ウイスコンシン医科大学名誉教授。
2016年名古屋市に『統合医療 クリニック徳』をオープン。主な研究テーマは『統合医療』と『オキシトシンの生理作用』。著書『人は愛することで健康になれる』『あなたが選ぶ統合医療』『オキシトシン健康法』など。

こちらのコラムもいかがですか?


チャットで事前相談も可能! 鍼灸院検索と予約を、アプリでも はりのマイカルテ

  • 予診票を
    事前送信
  • 治療内容が
    共有される
  • チャットで
    相談
  • セルフケア
    情報

アプリならではの機能が満載!

  • 予診票を事前送信

    来院前にアプリから予診票を手軽に送信。
    診てほしいポイントをしっかり書けるから、スムーズに治療を受けることができます。

  • 治療内容が共有される

    受けた治療がどんな内容だったか、カルテ共有という新しい形でアプリに届きます。治療前後の比較も載るので、自分の状態がひと目で分かります。

  • チャットで相談

    その日の空き状況や、ちょっとしたアドバイスなどを、気軽に鍼灸院と相談できます。
    ※鍼灸は医業類似行為にあたるため、医療に関する相談については行えません。

  • セルフケア情報

    自宅でひとりでもできるセルフケア情報をお届け。症状や体質に合ったケア方法を学べます。

App Store Google Play