鼻づまりに効くツボ8選!症状の原因や解決法を解説

病院に行くほどではないけれども、鼻づまりは地味に不快でツラいですよね。

本記事では、そんな鼻づまりの症状を改善するための効果的なツボや、症状の根本改善を目指すための鍼治療について詳しく解説していきます。

ご自宅で簡単にセルフケアできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

自分に合った「ツボ」があるのをご存じですか?

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術内容を厳選して紹介しています。

セルフケアでは物足りない
ツボの効果をもっと感じてみたい
根本から不調を改善したい

など自分に合ったパーソナルなツボを知りたい方は、ぜひ鍼灸院をご検討ください。

なぜツボを押すと鼻づまりに効くの?

ツボは、東洋医学の観点から、からだの不調が表れやすい箇所であると同時に、不調を改善するための治療点とも考えられています。

私たちのからだには361箇所あるともされているツボですが、それぞれのツボには、心やからだの不調改善に繋がる力があると言われています。

そこで鼻づまりの症状に合わせた場所を刺激することで、血行が促進され自然治癒力が高まり、鼻づまりの改善に繋がるわけです。

これから紹介するツボは、鼻づまりのタイプによって即効性のあるツボから穏やかに症状を改善するツボなど効果もさまざまです。押すべきツボは次の章でご紹介します。

詳しいツボのメカニズムを知りたい方は、別記事「【必読】5分でわかる『鍼灸』とは?効果やメカニズムを徹底解説」をご覧ください。

鼻づまりに押さえたいツボ8選!

花粉症で鼻づまりがツラい、風邪をひいて鼻づまりだけでなく咳もある…など、鼻づまりのタイプもさまざまですよね。 

そこで、本章では鼻づまりのタイプ別に押すべきツボをまとめました。早速、イラストを参考にツボを押してみましょう。

※個人の状態や体調によりベストなツボは変わりますので、あくまでも一般例として参考にしてください。

鼻づまりに万能なツボ

鼻がつまって気になる、鼻づまりで呼吸がしづらい…など、さまざまな鼻づまりに万能なツボです。ぜひ他のツボと組み合わせて押してくださいね。

迎香(げいこう)|鼻の小鼻の横

43_sinkyu_1

【探し方】鼻のふくらみの横でほうれい線上にあるツボ

上迎香(じょうげいこう)|鼻の付け根

少し強く押すと痛みが出るツボですが、鼻通(びつう)とも呼ばれるツボです。このツボは効果を期待してグッと押してみましょう。

43_sinkyu_2

【探し方】鼻のふくらみの横でほうれい線上にあるツボ。迎香のやや上。

印堂(いんどう)|眉間の中央

\こんな症状にも/

  • ストレス
  • 不眠症

43_sinkyu_3

【探し方】眉間の中央にある、わずかに凹んだところ

眠れなくてお困りの方は、別記事「眠れないときに押したいツボ15選|タイプ別に紹介」をご覧ください。

花粉症・アレルギー性鼻炎による鼻づまりのツボ

つらい花粉症やアレルギー性鼻炎では、鼻水が出るだけでなく、鼻づまりの症状もありますよね。そんなときに効果的なツボです。

上星(じょうせい)|髪の生え際

43_sinkyu_4

【探し方】顔の中央線上にあり、前髪の生え際から後ろに指1本分のところ

睛明(せいめい)|目頭と鼻の間

\こんな症状にも/

  • 目のかゆみ、かすみ

43_sinkyu_5

【探し方】左右の目頭の骨にあるくぼみのところ

風邪による鼻づまりのツボ

ツボの位置が鼻から離れていますが、風邪による鼻づまりに効果的なツボをご紹介します。

尺沢(しゃくたく)|肘のしわの上

\こんな症状にも/

43_sinkyu_6

【探し方】肘を曲げたときにできる肘のしわの上で、しわの中央にある腱の外側のところ

合谷(ごうこく)|親指と人差し指の間

\こんな症状にも/

  • 肩コリ、首コリ
  • 腹痛
  • 歯痛
  • ストレスなど 

43_sinkyu_7

【探し方】人差し指と親指の骨が交差する場所から、やや人差し指よりにあるくぼみ

冷たい飲食による鼻づまりツボ

足三里(あしさんり)|膝の少し下

冷たいものをたくさん食べた際に、からだ(胃腸)が冷えて鼻づまりを起こしたときに効果的なツボです。

\こんな症状にも/

  • 胃腸のトラブル
  • 足のつかれ、むくみ
  • 膝の痛みなど

43_sinkyu_8

【探し方】膝のお皿の左右にある大きなくぼみのうち、外側のくぼみから下に指4本分のところ

ツボ押しのコツ

ツボの正式名称は「経穴(けいけつ)」というだけあり、少し穴が開いたように凹んでいることが多い場所です。

慣れてきたら、皮膚の凹みに注目しながら触ってみましょう。

自分でツボを押すときは、次のことを意識して押してみてくださいね。

  • 押す強さ:「イタ気持ち良い」くらいの強さ
  • 時間:5秒~10秒くらい
  • 回数:1箇所につき4~5回押すのを1セットとし、1日3~5セット

ツボを押してみて刺激が「強い」「弱い」と感じたら、好きなようにアレンジしてください。ただし、下記の注意点を守りましょう。

▼注意点

辛い症状を早く治したいばかりにグリグリと強く押すのは危険です。とくに顔の皮膚はデリケートなので優しくじんわり押してあげましょう。

効率よくツボを刺激できる便利アイテム

鼻づまりに効果的だとわかっていても、「ツボ押し続けるのは大変」という方もいるでしょう。

そんなときおすすめなのが、貼るだけでツボを刺激できる鍼シールです。

43_sinkyu_9

鍼シールとは、シールに数ミリの鍼がついたもので、自分で手軽に貼ることができるセルフケアでも使われるものです。時間や場所を選ばず貼るだけでツボを持続的に刺激することができます。

鍼シールについて詳しく知りたい方は、別記事「鍼シールとは?美容やコリ・疲れに効果的なツボや注意点を徹底解説」をご覧ください。

どうして鼻づまりになるの?

鼻づまりの原因は人によってさまざまですが、多くの場合、免疫力の低下が関わっています。

もともと私たちのからだには免疫力が備わっており、外部からの有害なウイルスや細菌から守ってくれています。

43_sinkyu_10

しかし、現代社会の過度なストレスや乱れた生活習慣が影響し、自律神経のバランスが崩れ、免疫力が低下しやすくなっているため、容易に風邪をひきやすくなったり、アレルギー性の症状が表れたりするのです。

近年流行っている新型コロナウイルス感染症に罹らないためにも、鼻づまりなどの小さな不調を見過ごさないようにしましょう。

鼻づまりに隠れた疾患

稀に、「大したことはない」と思っていた鼻づまりの症状に別の疾患が隠れている場合があります。次のような症状を伴う場合は注意が必要です。

  • 血が混じった鼻水・鼻血が続く
  • 鼻腔から嫌なニオイがする
  • 頭痛や頬部痛、歯痛を伴う場合

症状が続く場合や気になる症状があった場合は、早めに病院を受診しましょう。

鼻づまりの症状は気軽に鍼灸院へ相談しよう!

43_sinkyu_11

ツボ押しは、いつでも手軽に押すことができる一方で、慢性的に長引く鼻づまりを改善するには、一般向けのツボ押しだけでは不十分でしょう。 

「何かしたいけど、病院に行くほどでもないしどうすればいいの?」という方は、からだが弱っている根本の原因を探り、自然治癒力を高め、免疫力向上が望める鍼灸治療を検討してみましょう。 

43_sinkyu_12

鍼灸治療は、ご自身の状態にあった的確なツボを鍼や灸で刺激し、からだ全体の流れや自律神経を整えることで、本来持っている自然治癒力(免疫力)を発揮させることを目的に行います。

心とからだの両方からアプローチする治療法なので、始めの目的が鼻づまりの症状改善であっても、結果的にからだ全体の弱った部分を発見し、病気になる前に改善していくことにも繋がります。

まずは今ツラい鼻づまりを根本から改善するために、気軽に鍼灸師に相談してみましょう。

【Q&A】鍼灸に関するよくある質問

ここで鍼灸に関するよくある質問についてお答えします。

Q:ツボを押しても効いている気がしません

考えられる原因はさまざまです。

例えば、ツボの選び方や刺激の方法が適切ではない、症状が慢性的である、生活習慣そのものを見直していく必要があるなど、何が問題なのかつきとめる必要があります。

まずは専門家である鍼灸師にアドバイスをもらうことを検討してみましょう。

Q:ツボを複数同時に押しても効果はありますか?

もちろんです。それぞれのツボの効果の範囲があるので、複数同時に押すことで、範囲が広がり相乗効果に繋がります。

Q:どんな鍼灸院を選んだらいいですか?

鍼灸院は、得意とする治療領域も違うため、ご自分の通いやすさや目的などによって、選ぶようにしましょう。

初めての鍼灸院の選び方!失敗しない見極めポイント7つを徹底解説

Q:妊娠中で頻繁に外出ができません。解決策はありますか?

新型コロナウイルス感染防止対策や、子育て・介護中などで外出が難しい方には、鍼灸師が直接自宅を訪問して治療を行う往診がおすすめです。

往診の際、鍼灸師の衛生管理は十分に行っているので、安心して治療を受けることができます。心配な方は予約の際に直接確認してみると良いでしょう。

往診が可能な鍼灸院は、サイト内の「鍼灸院検索ページ」から検索できます。お近くの鍼灸院を探してみてくださいね。

まとめ|鼻づまりにはまずツボ押しを!根本解決なら鍼灸師に相談しよう

最後に今回の記事をおさらいしておきましょう。

  • 鼻づまりにはまずツボ押しをしてみる
  • 鼻づまりの原因はからだの不調によるもの
  • 鼻づまりの根本解決のために鍼灸師に相談してみる

不快な鼻づまりは早く解決してしまいたいものですよね。 

ツボ押しで調子が良くなればいいのですが、根本的に解決したいと思ったら、鍼灸師に相談してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術プランを厳選して紹介しています。

鍼灸治療に少しでも興味ある方はまず、ご希望の条件で鍼灸院を探してみましょう。

このコラムの監修者

山口大輔

朝日医療大学校 教務部長

(公社)全日本鍼灸学会 (一社)日本東洋医学会 (公社)日本鍼灸師会 (公社)岡山県鍼灸師会

はり師・きゅう師 (公社)全日本鍼灸学会認定鍼灸師 (公社)日本鍼灸師会専門領域研修講座修了 (スポーツ傷害・婦人科疾患・リスクマネージメント) (公財)日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部部員(A級)

2001年より朝日医療大学校の専任教員として鍼灸師の養成や(公社)岡山県鍼灸師会の諸活動サポートに尽力。2012年より(公社)岡山県鍼灸師会理事に就任し、現在学術部長として会員へ知識技術の研鑽の場を数多く提供できるよう努めている。また、おかやまマラソンをはじめ、岡山県下で開催される大規模なスポーツイベントにおいて、スポーツ鍼ケアステーション設置の企画運営に中心的に参画、安心安全な鍼灸治療を多くに人に体験していただくための広報普及活動に邁進している。

こちらのコラムもいかがですか?


チャットで事前相談も可能! 鍼灸院検索と予約を、アプリでも はりのマイカルテ

  • 予診票を
    事前送信
  • 治療内容が
    共有される
  • チャットで
    相談
  • セルフケア
    情報

アプリならではの機能が満載!

  • 予診票を事前送信

    来院前にアプリから予診票を手軽に送信。
    診てほしいポイントをしっかり書けるから、スムーズに治療を受けることができます。

  • 治療内容が共有される

    受けた治療がどんな内容だったか、カルテ共有という新しい形でアプリに届きます。治療前後の比較も載るので、自分の状態がひと目で分かります。

  • チャットで相談

    その日の空き状況や、ちょっとしたアドバイスなどを、気軽に鍼灸院と相談できます。
    ※鍼灸は医業類似行為にあたるため、医療に関する相談については行えません。

  • セルフケア情報

    自宅でひとりでもできるセルフケア情報をお届け。症状や体質に合ったケア方法を学べます。

App Store Google Play