美容鍼で内出血するのはなぜ?対処法やリスクを下げる予防法

美容鍼でできる内出血(=あざ)は長くても2〜3週間ほどで自然と消えていくので、ずっと残るものではありません。

とはいえ、顔の目立つ場所に内出血ができてしまったらショックですし、これから美容鍼を検討中の方は内出血のリスクをしっかり知っておきたいですよね。

そこで本記事では、美容鍼で内出血を起こすメカニズムやもし起きてしまった場合の対処法、予防法について徹底解説していきます。不安の解消にお役立てください。

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術内容を厳選して紹介しています。

鍼で楽にしたいコリがある
美容鍼を試してみたい
健康を根本的に見直したい

など鍼灸に興味をお持ちの方は、ぜひご自分にあった鍼灸院を探してみてください。

そもそも美容鍼とは?

57_sinkyu_1

美容鍼とは、リフトアップやほうれい線・シワ・たるみの改善などお顔周りのお悩みだけでなくからだ全体の美容や健康に特化した鍼治療のことです。

スキンケア用品やマッサージのように肌の外側からアプローチするだけでなく、顔やからだの血行を促進し肌の代謝UPを引き出すことで、からだの内側からもアプローチできるのが特徴です。

鍼シールについて詳しく知りたい方は、別記事「美容鍼とは?芸能人や海外セレブも注目する効果や注意点を解説」をご覧ください。

美容鍼で内出血するのはなぜ?

美容鍼における内出血の主な原因は、鍼が毛細血管を傷つけてしまうことで起こります。

特に血流が悪く弾力性がない血管は、通常の血管より脆く傷つきやすいため、髪の毛ほどの細い鍼でも傷ついてしまうことがあります。傷ついた血管から漏れた血液が体外へ出ず、皮下にとどまった状態が内出血です。

▼実際の写真

57_sinkyu_7

〈血管を避けて鍼を刺すことはできないの?〉

美容鍼で治療する顔の周りは他の部位に比べて毛細血管が密集している上に、皮膚の外側からは見えにくいため、完全に毛細血管を避けながら鍼を刺すことは物理的に難しいと言えます。

内出血を起こしやすい人の特徴

内出血は下記の理由で、体質や健康状態によって誰でも起きやすくなる可能性があります。

1. 遺伝や体質

  • 家族にあざができやすい傾向があり、それを受け継いでしまっている
  • 体質的に、ホルモンバランスが崩れやすかったり、皮膚が薄かったり、出血傾向がある

2. ストレスや疲労

  • 精神的、肉体的に疲れが溜まっており、からだ全体の代謝が悪くなり、血管が弱くなっている

3. 病気

  • 高血圧、高脂血症、糖尿病など血管や血流に影響がある病気にかかっている

4. 無理なダイエットや偏食

  • 栄養が不足し、血管が脆くなっている

5. 加齢

  • 加齢により血管が脆くなっている

意外と多くの方が当てはまるのではないでしょうか?

美容鍼の内出血は悪いものとは限らない

美容鍼に興味があったのに「内出血ができることがある」と聞くと急に不安になったり、過去に内出血を経験してショックな思いをした方もいらっしゃるでしょう。

確かに内出血はあまり良い印象ではありませんし、内出血を経験したいものではありません。

美容鍼による内出血は、受けられる方々の立場で、決して良いものとは言えませんが、ただし内出血はからだの状態(不調など)によっても起こりやすかったり、からだが治ろうとする生理現象の過程でもあります。東洋医学の観点では、血液中の滞り(停滞)のある方に生じやすいという考えがあります

57_sinkyu_2

鍼を刺した部位は停滞している血流が促進され自然治癒力(=治ろうとする力)や新陳代謝が高まるため、内出血が治る過程で顔の古い組織や悪い部分も一緒に改善へとつながる可能性もあります。

美容鍼での内出血は良いもの、とは言えませんが、ただし、まずは元に戻らないようなものではないこと、そしてからだの状態を反映することもあり、内出血=「失敗」とは言い切れないということです。

美容鍼の内出血はどれくらいで治る?

内出血が治るまでの期間は体調や体質、生活習慣によって個人差はありますが、長くても2〜3週間ほどでいつの間にか消えていくことがほとんどです。

とはいえ目立つ場所に内出血ができると「ちゃんと治るのかな」「早く治す方法はないの?」と気になりますよね。

そこでより安心していただくために、実際に内出血ができてしまったときの対処法をご紹介します。

内出血したときの対処法

内出血したときは次のような対処を行いましょう。

  1. 内出血ができた直後(急性期)…指で軽く押さえ、局部を冷やす
  2. 痛みや腫れが引いた後(回復期)…温める

回復期に温めることで血行が良くなり、新陳代謝も高まるので皮下に残った血液が体内に吸収されやすくなるのを補助することができます。

おすすめは、お風呂に入りながら内出血の周りを優しくマッサージしてあげたり、ホットタオルで温めたりすると効果的です。その際、内出血を起こした場所は無理に押さないようにしましょう。

57_sinkyu_3

また、目立つのが気になる場合は、ファンデーションやコンシーラーなどでカバーできることもあるので試してみてくださいね。

美容鍼による内出血の予防法

ここまで内出血のリスクを避けることは難しいけれど、ずっと残るものではないとご説明しました。

美容鍼を行う鍼灸師も、細心の注意を払い、鍼の刺し方や抜き方、受療者へのフォローなど工夫を凝らしリスクを減らす努力をしています。

しかしながら、リスクをできるだけ押さえるため自分でもできる予防法があれば受ける前に知っておきたいですよね。下記に内出血の予防に繋がることをまとめたので確認しておきましょう。

1. 細い鍼を使ってもらう

鍼が太いほど内出血した際にあざは大きくなりやすいので、内出血が心配な方は細い鍼で治療をしてもらうと良いでしょう

鍼灸師が使う鍼は髪の毛と同じくらい細いと言われていますが、さらに数ミリ単位で細かく種類があります。

57_sinkyu_4

一般的には、細いもので0.10㎜から太いもので0.30㎜くらいの鍼があり、治療する部位や患者の体質、治療方法によって鍼の太さを使い分けています。

美容鍼の際は細い鍼での治療が可能か相談してみましょう。

2. 肌の調子を整える

先ほどの説明で、血行が悪く血管が脆くなっていると内出血が起こりやすいとお伝えしましたが、お肌の状態はそのバロメーターになります。

特に顔は、からだ中のパーツの中でもデリケートな場所なので、肌トラブルが多い顔に鍼を刺すと、肩や腰に刺した時より内出血になりやすい傾向にあります。

お肌が荒れているということは、血行が悪いことにより肌の代謝がうまく働いていない証拠にもなるので、普段からお肌の不調を整えることは重要なことです。

▼お肌にいい生活を心がけましょう

  • 食事:バランスのとれた食事(特にタンパク質、ビタミン、大豆製品がおすすめ)
  • 睡眠:理想的な睡眠時間は7~8時間(寝る前のスマホは避け、眠りの質を上げましょう)
  • お肌をケアする(肌を清潔に保つ、保湿、紫外線対策など日頃行える範囲で大丈夫)

乱れやすい食生活や睡眠を見直してみたり、美容の観点から手軽にできるケアをして、からだの土台をつくりましょう。

肌の調子を整えることで、内出血ができにくいからだづくりになるだけでなく、美容鍼の効果を引き出すことにも繋がります

3. 大事なイベント前は事前に相談する

結婚式などのイベント前であれば、顔の目立つ場所の治療を避けてもらうなど、担当の鍼灸師に事前にイベントがあることを申告し相談しましょう。

4. てい鍼を使ってもらう

てい鍼とは刺さない鍼のひとつで、先端が丸まっているので皮膚に刺さることはありません。

57_sinkyu_5

顔のツボや表情筋の筋膜、頭部、からだなどに、押したり、こすったりする接触刺激を与えることで血行を良くし顔の悩みの改善を促します。

皮膚を傷つけることがないため、内出血を避けることができます。

てい鍼については別記事「毫鍼(ごうしん)とは?鍼の種類や特徴をわかりやすく解説」をご覧ください。

不安なときは遠慮なく鍼灸師に相談しよう!

美容鍼を受けるときは、治療に入る前に内出血のリスクについて説明があります。その際に、少しでも美容鍼の不安や疑問があれば、遠慮なく担当の鍼灸師にご相談ください。

予約の前にどんな対策をとっているのか鍼灸院に問い合わせてみるのも良いでしょう。

美容鍼を得意としている鍼灸院は、サイト内の「鍼灸院検索ページ」で「美容鍼」のジャンルを選んで探せます。早速お近くの鍼灸院を探してみましょう。

【Q&A】美容鍼に関してよくある質問

最後に、美容鍼でよくある質問にお答えします。

Q:鍼は痛いですか?

鍼灸院で使われる鍼の太さは、髪の毛と同じ程度のため基本的には痛みは強くありません。さらに鍼にも種類がある中で、美容鍼に使われる鍼は、からだ用に使われる鍼よりも痛みの程度を和らげた細い鍼を使うことが多いです。

57_sinkyu_6

もし痛みが強いと感じたら、遠慮なく担当の先生に伝えて調整してもらいましょう。

鍼灸が「痛くない」のはなぜ?刺激の種類や効果を詳しく解説

Q:施術者によって内出血の有無は左右されますか?

確かに、鍼灸師の技術不足により、あざができてしまうこともあるようです。

しかし、長年鍼を打ってきた熟練者だからといって絶対に内出血を起こさないとも言い切れません。なぜなら、毛細血管は非常に細かく、顔も含め全身に広がっているため完全に避けて鍼を刺すことは難しいからです。

また、鍼灸師・鍼灸院によって鍼の数が数10本~100本以上のところまでさまざまです。治療に用いる鍼の数が多ければそれだけ内出血や出血を起こす可能性は高くなります。

内出血が心配な場合には事前に治療方針や鍼の長さ、太さを確認してから受診を決めると良いでしょう。

Q:自分にあった美容鍼の鍼灸院はどうやって見つけたら良いですか?

ホームページや口コミページなどを確認して、ご自分が望んでいる美容鍼かどうか確認してみましょう。その際、ご自分の不安な部分などを相談できる鍼灸師を選ぶことをおすすめします。

まとめ|内出血が起きても自然と消え、残ることはない

美容鍼の内出血は誰にでも起こる可能性があります。

鍼灸師は内出血を起こさないように、技術や鍼の工夫でリスクを最小限に減らす努力をしていますが、もし美容鍼で内出血ができてしまっても、時間が経てばいつの間にか消え、ずっと残ることはありません。

内出血ができやすいというのは、からだのバランスが崩れて不調が出ている状態とも言えます。美容鍼の不安だけでなく、少しでも気になるからだの悩みがあれば遠慮なく鍼灸師にご相談ください。

当サイトでは、全国14,200件以上の鍼灸院情報から、あなたのお悩みにぴったりの鍼灸院や施術プランを厳選して紹介しています。

この先の健康を見直したい
美容に特化した鍼治療を受けたい
駅近で通いやすい場所がいい

など、ご希望の条件で鍼灸院を探してみてください。

このコラムの監修者

高野道代

明治東洋医学院専門学校 専任教員
明治東洋医学院専門学校 附属治療所鍼灸科 美容専門外来
疏通経絡健美学会 代表

疏通経絡健美学会

はり師・きゅう師・鍼灸教員資格

明治国際医療大学(元 明治鍼灸大学)鍼灸学部を卒業後、同大学大学院修士課程卒業を経て、明治東洋医学院専門学校の専任教員として勤務。
現在、鍼灸学科専任教員として鍼灸教育・研究・臨床を行いながら、皮膚科のクリニックにも勤務している。
教育では、内科系・婦人科系領域について、また専門分野として美容鍼灸に関する内容を中心として教鞭を執る。
美容鍼灸については鍼灸の役割を活かした「一定の効果とトータルサポートができる方法」として、疏通経絡健美法を考案。
附属治療所では美容鍼灸専門外来を開設。明治国際医療大学 京都桂川鍼灸院「mythos361」の開設時に美容部門を監修。
疏通経絡健美学会の代表として美容鍼灸の研究と普及に努めている。鍼灸の窓口にもなりうる美容鍼灸を少しでも多くの方に安全で安心して受けていただけることを目的として、より効果的な美容鍼灸の構築を目指している。

こちらのコラムもいかがですか?


チャットで事前相談も可能! 鍼灸院検索と予約を、アプリでも はりのマイカルテ

  • 予診票を
    事前送信
  • 治療内容が
    共有される
  • チャットで
    相談
  • セルフケア
    情報

アプリならではの機能が満載!

  • 予診票を事前送信

    来院前にアプリから予診票を手軽に送信。
    診てほしいポイントをしっかり書けるから、スムーズに治療を受けることができます。

  • 治療内容が共有される

    受けた治療がどんな内容だったか、カルテ共有という新しい形でアプリに届きます。治療前後の比較も載るので、自分の状態がひと目で分かります。

  • チャットで相談

    その日の空き状況や、ちょっとしたアドバイスなどを、気軽に鍼灸院と相談できます。
    ※鍼灸は医業類似行為にあたるため、医療に関する相談については行えません。

  • セルフケア情報

    自宅でひとりでもできるセルフケア情報をお届け。症状や体質に合ったケア方法を学べます。

App Store Google Play